一汁一菜

梅雨時期は、晴耕雨読

f:id:iris707:20170613160143j:image

と言っても、今日は晴れてるんだけどね(笑)

紫陽花たちも暑すぎて戸惑いながらも、綺麗に咲き誇っていたよ♡

 

ずっと気になっていた、土井善晴さんの

『一汁一菜でよいという提案』を片手に日光浴☆


f:id:iris707:20170613155822j:image

身体の中に入れるものは考えても、どれくらいの量を入れるかまでは考えていなかったり。

 

自分の身体が求めている食材に気づかず、安い食材を購入していたり。

 

色々な調味料があり、たくさんの調味料を使用し炒めて煮込み続けて…という調理も素敵だけど、

私は食材そのものの味を生かした調理法が好きだから、だいたいシンプルな調理法で作ったご飯の日が多いです。

 

ご飯に味噌汁、ぬか漬けだけという

一見、簡単シンプルなご飯も

最高のご馳走。

 

発酵食品もしっかり摂れるし、

身体にも環境にも良い時短料理だと思う。

 

土井さんが伝えたいことはこのようなことではないかもしれませんが、私が本を読み進めているときに

ふと、感じました。

 

元々シンプルな食が好きだけど、更にシンプルな日が増えそうかも(^-^)

 

まだ完読していないから、読み進めていきます☆

広告を非表示にする